スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2/5 おすすめグッズ

みなさんは美術館や博物館を訪れた時、知人やご自分へのおみやげにどんなグッズを購入されますか?

各地の美術館、博物館内のミュージアムショップで扱われるグッズはびっくりするほど多彩です。図録やポストカード、クリアファイルはもちろん、オリジナルデザインのTシャツを始め、エコバッグ、携帯ストラップ、手ぬぐい、チョコレートなどなど。さらに、海外の美術館所蔵の大規模な展覧会では、旅行会社の窓口がミュージアムショップのお隣に構えていたりすることもしばしばです。

というわけで本日は、当館のおすすめミュージアムグッズのご紹介です。

2:5-1

↑昨年開催した「PLAIN PEOPLE アーミッシュの生き方」展(http://www.shibunkaku.co.jp/artm/amish/)にあわせて作った当館オリジナルポストカード。長年アーミッシュの人々へ取材を続けていらっしゃる写真家、菅原千代志氏の撮影によるものです。美しい風景の中に、人々の暮らしが垣間見えます。

アーミッシュについて日本人が広く知るようになったのは、1985年に公開されたハリソン・フォード主演の映画「刑事ジョン・ブック/目撃者」かもしれません。ペンシルベニア州のアーミッシュの村を舞台に、サスペンス的な展開と異文化交流を描いたもので、展覧会会期中のアンケートでも本映画がアーミッシュとの初めての出会いだった、というお客さまがいらっしゃいました。
「まだ見たことがない」「見てみたい」というみなさんは、3月6日(土)からTOHOシネマズ二条ほかで上映されますので是非この機会にお運びください。(一週間のみの上映で、午前10時からの1回のみになります。上映日は会場によって異なりますのでご注意ください。詳しくは、全国25か所での映画上映イベント「午前十時の映画祭」公式ホームページがあります。明日2月6日(土)より週代わりで1950年~70年を中心とする映画作品計50本が上映されます。)

映画つながりでもうひとつ、おすすめグッズのご紹介です。

2:5-3  2:5-2

↑2006年に開催した夏休み企画「赤毛のアンの世界」展(http://www.shibunkaku.co.jp/artm/anne/)にあわせて作った当館オリジナルポストカード。銅版画家、鈴木雄次さんの幻想的でノスタルジックな「赤毛のアン」は、子どもの頃アンの物語に夢中になったみなさんにぴったりです。

いずれも当館ホームページからお買い求めいただけます。ミュージアムグッズのページ(http://www.shibunkaku.co.jp/onlineshop_artm/index.html)も是非ご覧になってみてください。

赤毛のアンのプリンスエドワード島を舞台にした映画「アンを探して」が昨年に引き続き今年も全国で順次上映中です。
主演の穂のかを始め、ロザンナ、吉行和子、紺野まひる、といったキャスティングも話題になりましたが、なんといっても初監督の宮平貴子氏が映画祭「アジアン・フェスティバル・オブ・ファースト・フィルム」(シンガポール)において最優秀作品賞と最優秀監督賞を獲得したニュースで本映画のことを知った方も多いことでしょう。
ご関心のある方は、「アンを探して」公式ホームページから、上映劇場をチェックしてみてください。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。