スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9/2 「奈良絵本・絵巻の宇宙展」オープンしました。

8/28(土)より、企画展「奈良絵本・絵巻の宇宙展」がオープンしました。
本日は、初日の記念講演会と、翌日のギャラリートーク、二日間の会場の様子をお伝えします。

8/28記念講演会「絵入り本国際集会」
9:1-1  91-2.jpg
多数のみなさまにご参加いただきました。

奈良絵本・絵巻に描かれている題材の代表的なものは御伽草子(おとぎぞうし。「浦島太郎」や「鉢かづき」といった短編の物語)ですが、そのほかにも「源氏物語」「伊勢物語」に代表される平安物語、「源平盛衰記」などの軍記物や「烏帽子折」「伏見常盤」といった幸若舞曲などもみられます。
描かれている物語の時代の範囲が幅広いことから、奈良絵本・絵巻の研究にはそれぞれの時代や文学の専門の先生方の知識が欠かせません。様々な専門分野の方と関わることで、研究テーマをより広くとらえることができ、それが大きな発見につながることもあるからです。
記念講演会では、本展監修の石川透先生(慶應義塾大学文学部教授)のほか、中世の特に説話文学がご専門の千本英史先生(奈良女子大学文学部教授)、近世の芸能がご専門の阪口弘之先生(神戸女子大学古典芸能研究センター長)をお迎えし、それぞれのご専門分野からの興味深いお話をうかがうことができました。

8/29ギャラリートーク
本展監修の石川透先生から、展示の概要とともに、本展の特に目玉である浅井了意と居初つなという二人の人物について、各々が制作した奈良絵本・絵巻を前に、発見の経緯や人物像など、詳しいお話しをうかがうことができました。
9:1-3
「解説を聞いて展示をみるとより理解が深まった」とご好評をいただきました。

会期中、ギャラリートークは9/19(日)、10/10(日)、10/31(日)にも開催します。みなさまのご参加、お待ちしています。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。