スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/25 阿南慈子展開催します。

「次回展覧会」のページで少しご紹介していますが、11/6(土)~11月21日(日)まで、
「病床のマリアからのメッセージ 阿南慈子展~今、生きているあなたへ~」を開催します。

1025.jpg

阿南慈子(あなみ いつこ)さんは、夫と二児との幸せな家庭を築いていた31歳の時、突然難病の多発性硬化症(MS)を発病しました。車椅子の生活を送る中、病状は進行し33歳で失明、その後首から下の感覚をすべて失います。当初無理だと反対されながらも、「子供達に伝えたいことがある」と在宅医療を実現し、自宅で多くのボランティアの口述筆記の助けを借りながら、詩やエッセイ、童話などを次々と執筆されました。
1996年からの2年間は、「神様への手紙」と題して、月刊「PHP」にエッセイを連載されています。誌面で彼女のユーモアに溢れる言葉に出会い、励まされ、癒された方も多いことでしょう。

慈子さんが天に召された2000年11月7日の一周忌にあたる2001年11月7日より、当館にて企画展「病床のマリアからのメッセージ 阿南慈子展~今、生きているあなたへ~」を開催いたしました。多数の皆様がご来館下さり、会期終了後も他府県での開催のご要望が数多く寄せられました。
阿南慈子さんという一人の女性の生き方をご紹介することで、一人でも多くの方々と共に命の大切さを思い、生きる喜びを分かちあっていきたいとの思いから、2004年に「阿南慈子基金」を設立しました。現在まで、数え切れない程多くの皆様のご支援とご協力を賜り、日本国内、北は北海道から南は沖縄まで13か所で巡回展を開催させていただきました。

このたび、阿南慈子さんの没後10年の節目にいったん最終展として当館で再度、展覧会を開催いたします。
会期中の11月7日(日)に開催する講演会の講師、上田祥博先生は、阿南慈子さんの主治医で、現在、障がいを持った高齢者の在宅医療支援施設を開設されています。
また11月10日(水)には、京都府立文化芸術会館で、阿南慈子さんの縁のある方々による記念コンサートが開催されます。
是非お運びください。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。