スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3/4 現代のミニチュア作品に出会う⑤

3/1より、「雛とミニチュアのお道具展」がオープンいたしました。
精巧で緻密な江戸期製作の雛道具の数々や関西の雛道具(お台所)を始め、お茶道具、豆人形、豆印籠などのミニチュア、そして制作者の愛着とこだわりが随所に垣間みえる豆本など1,000点余りをずらりと展示しています。
開催期間は4月10日まで。ぜひお運びください。

3/19より三日間開催いたしますミニチュア展示販売会にご出品いただくミニチュア作家さんの作品を、1月よりご紹介しています。
本日は、生活で使うヨーロッパ全般の刺繍の教室「Club de broderie La vigne」を主宰され、ミニチュア刺繍も手がけられている竹井律子さん(大阪府)をご紹介します。

201103042.jpg
葉書サイズの額、ミニ額など。
一針一針丁寧に縫われた布地の上に現れた小さな世界。
実物を目にしたい! という思いに駆られます。
20110304.jpg
愛らしいテーブルクロスがかかったテーブルには小指の先ほどの小さな小さなティーカップとティーポットがセットされています。
使用する布の厚さや布目、糸の色、作品に与える質感など工夫と綿密な計算が満載です。

刺繍を作る楽しみ、使う喜びを人々に広め続けていらっしゃる竹井さん。
刺繍の伝統にも関心を寄せ、昨年はグループで繍仏(=布地に刺繍で仏像をあらわしたもの)にも取り組まれたそうです。

想像を超える細かく、根気の続く作業の上に表出されるミニチュア作品。
ミニチュアに携わる人々のエネルギーには本当に圧倒されます。

ミニチュア展示販売会への多くの皆様のご来館、お待ちしております。








2/17 テレビ放映のお知らせ

本日2月17日(木)午後6時10分~午後7時のNHK京都「京いちにち」の中で、当館展覧会「雛とミニチュアのお道具展」についてご紹介いただきます。
展示準備中の会場からの生中継!です。   

展覧会オープンまで残すところ10日余り。
普段の展覧会ならそろそろ本格的に展示作業をする時期ですが、1000点に及ぶミニチュアの展示はそうはいきません。あらかじめ計画した展示場所に作品を注意深く並べる日々がすでに始まっています。カレンダーをにらみながら完成を目指す毎日です。

展覧会中以外の美術館の様子は、普段なかなか皆様にご覧いただく機会がありませんので、本日の放映で少し「展覧会の裏側」をのぞいていただけると嬉しいです。

2/15 現代のミニチュア作品に出会う④

いろいろ
熱々のおでんにたこ焼き、揚げたてサクサクのとんかつ、そして握りセット! ビールまで添えられてなんて心憎い演出でしょうか。
おぜんざいや色とりどりのパフェは甘党にはたまらない光景ですね。

今回ご紹介するミニチュア作家さんは、京都市でミニチュア製作を続けていらっしゃる-KYoTo-まめひろ さんです。
和の甘味・菓子、お料理、そしてお店屋を得意とされています。

だんご屋
お団子屋さん
お店全体の美しい彩り、調和のとれたバランスも見のがせません。

せんべい屋
おせんべい屋さん

たこ焼き屋
たこ焼き屋さん

-KYoTo-まめひろ さんが扱う素材は主に粘土。「ここまでリアルに再現できるんだ! 」と粘土が持つ可能性の高さにため息がもれそうですが、それは自由自在にその素材を操る技量を持つ作り手がいるからこそ。
「握り寿司は、それぞれのネタを数十個ずつ作って、その中からよくできた1〜2個を作品に使います」というまめひろさん。
作品が完成するまでの細部まで行き届いた丁寧なお仕事ぶりが垣間みえます。
見る人の心をほんわか温かく癒してくれる小さな世界。
ミニチュア展示販売会当日をお楽しみに。

2/8 手作り講習会のご案内

雛とミニチュアのお道具展」会期中の
3/6(日)、3/26(土)に手作り講習会を開催します!
これまでも関連イベントとして開催し、毎回大変ご好評いただいています。
今回講師としてお招きする柴田先生と高山先生は、お二人ともNHK「おしゃれ工房」(現「すてきにハンドメイド」)でもご活躍されていたので、おなじみの方もいらっしゃることでしょう。
先生方の親切で丁寧なご指導で楽しく作品づくりをし、心あたたまる春のひとときをお過ごし下さい。
初心者の方から日頃ハンドメイドに親しんでいる方までお楽しみいただける講習会です。
是非この機会をお見逃しなく!


?「和綴(わと)じ豆本をつくろう!」
watojii.jpg作品例

手にとる人をやさしく和ませてくれる豆本。
四つ目綴じが難しそうにみえますが、一度覚えるとその魅力にはまりそう。
本のしくみをかけ足で知ることができるおトクな講習会です。

講  師| 柴田尚美(豆本制作講師) HPはこちら
日  時| 3/6(日)13:30~15:30
場  所| 思文閣会館3F多目的ホール
講習費| 3,800円(材料費込)
定  員| 20名 ※親子(小学生対象)でもご参加いただけます。詳細は当館までお問い合わせ下さい。


?「押し絵で作る金太郎の小箱」
takayamaa.jpg 作品例

ユーモラスな表情が愛らしい金太郎を押し絵で作ります。
男の子のお節句にもぴったり。
できあがった小箱には何を入れよう…とわくわく感が広がります。

講  師| 高山順子(古裂細工作家)
日  時| 3/26(日)13:30~15:30
場  所| 思文閣会館3F多目的ホール
講習費| 4,500円(材料費込)
定  員| 10名 
○3/3(木)~13(日)まで先生の「アトリエan」(思文閣会館1F)にて『桃の節句の人形遊び』を開催!こちらも是非お運び下さい。

<手作り講習会詳細> お電話[075-751-1777]にて受付中!
※講習費のほか別途入館料が必要です。
※講習会の予約は講習費のお振込をもって完了とさせていただきます。お電話での申込後、振込用紙を発送いたしますので、用紙到着後1週間以内にお振込み下さい。


2/2 現代のミニチュア作品に出会う③

当館企画展「雛とミニチュアのお道具展」会期中のイベント(ミニチュア展示販売会)へご出店の方々の作品を1月よりご紹介しています。

今回は、ミニチュア陶器や豆盆栽鉢を製作されている「工房てると」(北海道)さんです。
23020101.jpg
ワインデキャンタ

23020302.jpg
染付皿
1円玉と見比べてください。精巧さ、実物への忠実さに目が離せません!

23020303.jpg
染付注器

基本的に実物の陶器と同じ素材、作業工程(土づくり、電動ろくろで成型、素焼き、絵付け、釉掛け、本焼き、上絵付け)を経てこれらミニチュア作品が生み出されるわけですが、各工程でミニチュアならではの苦労があります。

工房てるとさんの作品の数々と興味深い製作は、充実したHPでも見ることができます。
23020304.jpg

工房てるとさんの作品は、当館での出店のほか、
2011.5.21(土)、22(日)/第7回ジャパンギルド・ミニチュアショー in OSAKA(於:千里朝日阪急ビル4F A&Hホール)
2011.6.11(土)、12(日)/東京インターナショナルミニチュアショー(於:浜松町 都立産業貿易センター4F) 
2011.11.19(土)、20(日)/第12回ジャパンギルド・ミニチュアショー in TOKYO(於:浜松町 都立産業貿易センター2F)
でもご覧頂きお求めいただけます。




カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。